SHOES IMAGE

collaborate

現在展開中の商品はございません。

SAYANGのこだわり

熟練した職人さんが全ての工程を手作業で行い、
一足一足丁寧に作られたsayangのシューズ。
made in Japanの仕事です。

つま先が広く、適度のゆとりがあること

つま先が広く、適度のゆとりがあること−

足根骨と呼ばれるくるぶしより下の骨は、軟骨から骨に分かれるのが4歳位、骨として固まりだすのは8歳位といわれております。大人の足と違い、筋肉や靭帯もしっかりしていないため歩行時に足が潰れて平べったくなります。そこで、つま先を扇形にすることにより加重時にも指を締め付けない構造に致しました。

ヒールが高すぎないこと、つま先が適度に反り上がっていること

ヒールが高すぎないこと、
つま先が適度に反り上がっていること−

子供は歩行時に蹴りだす力が弱いためべた足で歩きます。踵からつま先にかけ適度の傾斜をつけることによりスムーズな歩行をサポート致します。

足背にベルトやゴム等にサポートがあること

足背にベルトやゴム等にサポートがあること−

足背にゴムやベルトがないデザインの方がすっきりしていて見栄えが良いという方がいらっしゃいます。しかし靴が脱げないように足指を反らせ歩行することは指の変形を引き起こすだけでなく正常な歩行の獲得を妨げることとなります。

素材へのこだわり

素材へのこだわり−

アウター、インナーともに柔らかいエナメルやレザーを使用し歩行時のつま先の動きを妨げないように致しました。インナーには吸汗・放湿・抗菌・消臭性の高い新素材を使用。さらに未完成な足をやさしくサポートするためインソールに衝撃吸収剤(低反発スポンジ)を採用致しました。