柚木沙弥郎2009、「グリル満天星」のコース&オムレツライス&ビーフシチュー&エビフライ&ロールキャベツ、フランス展より「ピエール・オテイザ」の生ハム他、「オーデュック・ド・ラ・シャペル」のトラディショナルバゲット、「メゾン パリエス」のマカロン(ムシュ)
2009.4.25(土) 雨 最高気温12℃ 最低気温10℃

朝から強い雨、そして本当に寒い一日でした。
冬用のジャケットを羽織り、家族三人でお出かけです。
京王井ノ頭線「神泉駅」を降りると大好きなSuicaのキャラクターが(^0^)。
「あっのってもかってもだよ!」
5.jpg
6.jpg
『何してるの?』
「いいにおいするかなぁとおもったんだよ。」
ちなみに良い匂いだったそうです(^^:)。
今日は、
1.jpg
「柚木沙弥郎2009」の展覧会へ行きました(^0^)。
sayang家がもっとも楽しみにしている展覧会。もちろん毎回伺っております。
柚木先生は、1922年生まれ。岡山県の大原美術館に勤務されていらっしゃった時に、
型染めと出会い、民藝に惹かれていきます。
民藝の創始者である柳宗悦の本を読み、最も惹かれた型絵染の
人間国宝「芹沢銈介」に弟子入り致します。
数々の作品を発表、数々の賞を受賞され、女子美術大学の学長も務められました。
近年の作品はジャンルを超え、絵画から立体オブジェまで
たくさんの作品を発表されていらっしゃいます。
芹沢銈介のシャープで繊細、緻密な作品はもちろん好きですが、
あたたかくやさしさに溢れた柚木先生の作品の方が大好きです。
3.jpg
百聞は一見にしかずです・・・。絶対に見ておきましょう!!
「柚木沙弥郎 2009」
2009.4.25(土)~5月31日(日)
ギャラリーTOM(トム)
渋谷区松涛2-11-1
03-3467-8102
10:30~18:00
入館料 大人600円 小中学生200円 視覚障害者及び付添い各300円
月曜休館 5月4日は開館
http://www.gallerytom.co.jp
2.jpg
柚木先生は昨年秋にパリで個展を開かれ大盛況でしたが、体調を崩され新作を
持って行けなかったことを悔やまれ・・・。
なんと今年の10.3~10.21までまたパリへ行かれます!!
「パリ展」
2009.10.3~10.21
GALERIE DE L’EUROPE
55,rue de Seine,75006-PARIS
今年で87歳になられる柚木先生。
作品が日々進化し続けます。
http://www.samiro.net

7.jpg
渋谷に出てから副都心線で新宿三丁目へ。
まずは腹ごしらえです(^0^)。
「グリル満天星 新宿店」へ。久し振りの訪問です(^0^)。
家内は、
8.jpg
9.jpg
コース。
sayangは、
10.jpg
ビーフシチュー。
息子は、
11.jpg
海老フライ&ロールキャベツです。
デミグラスソースの甘みがほとんどなく全体的に大人っぽいキリリとしたお味です。
したがって息子さんには、ちと早いので苦手だったり致します。
海老フライは大好きなのでペロリとたいらげておりましたよ(^0^)。
オムレツライス、ハヤシライスが有名ですがsayangはビーフシチューを良くいただきます。
もう少し甘みがあった方が赤ワインの風味がなじむかと思いますが、
やわらかくとろけるビーフがたまりません(^0^)。
「グリル満天星 新宿店」
新宿区新宿3-15-17 伊勢丹会館4F
03-3355-3621
11:30~22:30(伊勢丹の定休日同様)
※本店は麻布十番です。どちらも落ち着いて食事ができますよ。

続いて伊勢丹は6Fで行われております「フランス展」へ。
今回のフランス展は少し控え目ですが、気になるお店がきていたので(^0^)。
12.jpg
日本初出店の「ピエール・オテイザ」の生ハム!
イタリアの生ハムのようにオリーブオイルべたべたではなく、しっかりとした豚のうまみが
最高でした。それでいて脂が少ないのでさっぱりといただけます(^0^)。
そして、購入しようとしていた写真のバスク豚のサラミやチョリソーやジェズ。
こちらは試食してみると軟骨のようなゴリゴリとした食感と最後に獣臭さを感じたため
却下(^^:)。
おなかいっぱいだったのに・・・
13.jpg
ついつい試食に手が伸びます(^0^)。オリーブおいし~い!
「フランス展」
伊勢丹新宿店6F催物場
4.22(水)~27(月)
最終日は15:00まで。

一通りお買い物して、一時帰宅。
カッパに着替えて仕事に出ます!!
今日は、強い雨・・・前が見えにくく怖かったですが
無事に仕事を終えることができました。
19.jpg
レギュラー110円。

帰宅して待っていたのは、フランス展で購入した「オーデュック・ド・ラ・シャペル」の
15.jpg
トラディショナルバゲットです(^0^)。
2004年にパン部門のM.O.F(フランス国家最高職人)を取得後、昨年2008年に
バゲットコンクール1位。昨年パリへ行った時に買えなかったのを後悔していたら・・・
まさか東京で買うことになるだなんて(^0^)。
で、そのバゲットを
17.jpg
鴨のフォアグラ入りパテといただきます(^0^)。
疲れが飛んでいきますね(^0^)。
外はバリッ!中はフワッの理想的でほど良い塩気がこれまた最高でした!!
もう一つ気になっていたこちらも日本初出店「メゾン パリエス」の
20.jpg
マカロン「ムシュ」です(^0^)。
1895年頃に考案された伝統的な製法を守ったマカロン。
では、いただきます。
ザクッモチッとした食感。甘さ控えめでアーモンドの素朴なお味。
粉っぽさとちょっとシャリシャリとした食感が気になりました・・・。
手がネトネトになってしまうのも・・・。
とにかく素朴で現在のマカロンとは違うお菓子に感じました。
なんて、横で明日の朝、楽しみにいただこうと思っていた
18.jpg
クロワッサンを食べている息子さん(^^:)。
息子さんいわくめちゃくちゃおいしいそうです(^0^)。
3つ買ってて良かった~(^0^)。たのしみ~。
明日の朝は皆で早起きできそうです(^0^)。


    
モッコウバラのアーチ、「勢得」のつけ麺+味玉、SAVE THE SHIMOKITAZAWA、二人きりの夜
2009.4.24(金) 曇り時々晴れ夜から小雨 最高気温16℃ 最低気温12℃

朝から曇りです。そして寒いさむ~い一日でした・・・。
時折顔を出すお日様がなんともありがたい(^0^)。
通りがかりの
1.jpg
モッコウバラです。
2.jpg
お玄関のアーチ。素敵ですね(^0^)。
3.jpg
一つ一つのかたまりがまるでブーケのようです。
お昼時にこちらも通りがかりの「勢得(せいとく)」さん。
あれれ?3人しかお客さんがいない・・・。
この時間を逃すとノーランチになってしまいますので駆け込みます。
勢得さんは2日前に来たばかり(^0^)。
その時のレベルアップの衝撃が冷め切れぬままつけ麺+味玉をいただきます。
4.jpg
つけ汁と、
5.jpg
極太麺です(^0^)。この氷水で〆られた艶々感がたまらない(^0^)。
では、いただきます!・・・・先日より少し海老感が足りない・・・。
スープは生き物だ・・・。
おいしいはおいしいですが先日のベストの状態を味わってしまったので欲が出ます。
そう、同じお店でも通い出すとその日その日の味の違いが分かります。
それがまた楽しみでもあります(^0^)。
また寄りますね。
「勢得(せいとく)」 つけ麺850円+味玉100円
東京都世田谷区桜丘3-24-4
11:00~15:00
月休
※東京農業大学正門前の世田谷通りを環状8号線方面へ向かいすぐ。世田谷通り沿いです。

今日はやけに道が混んでるなぁと思っていたら・・・
6.jpg
陸橋工事中のために1車線(^^:)。そりゃそうだ・・・。帰りは下道を行こうっと!

下北沢の「disk union」前に設置された自動販売機。
えっ!
11.jpg
Tシャツ自販機だ!
下北沢はライブハウスや小劇場、そして古着屋さんの街。
適度に混みごみした裏路地を歩くとおもしろいお店や物との出会いがあります。
そんな下北沢にずっと以前からある道路計画。
広い道路が通るだけで下北沢の特徴がなくなるだけでなく、
道が広くなると高層の建物建設が可能になるため景観が変わってしまい
他の街と変わらなくなってしまいます・・・。
13.jpg
そんな下北沢を守ろうという計画反対Tシャツです。
12.jpg

今日の午後は超ドタバタでした(^^:)。
家内が遅くなりますので息子のお迎え時間に間に合うかどうか・・・。
時間との戦いでした。結果はセ~フ!やりました(^0^)。
帰宅してそのままビン・缶のゴミ捨てへ。
7.jpg
しっかり分別中の息子さん。
カレー前に
8.jpg
出た!シンケンジャーのソーセージ(^^:)。
今日はカレーがあるので2本で我慢させました(^0^)。
絵本を読んでお腹を落ち着かせたらお風呂です。
ドキドキしながらズボンを逆さにすると・・・ボトボトボト。
17.jpg
やっぱり(^^:)。
このところ毎日この実を拾っては大事にポケットに入れて帰ってきます・・・。
そして、ポケットから転げ出た実を
18.jpg
慌てて拾い集める息子さん・・・(^^:)。
お風呂上りは
19.jpg
二人でアイス(^0^)。そして、昆虫図鑑を見ながら一ページずつどの昆虫がいいかを
指差していく息子さんとsayang・・・。昆虫図鑑は分厚いので時間がかかるのが難点。
でも時間稼ぎには重宝致します。
20.jpg
「まずたまごからねぇちいさいようちゅうがでてきて~。」
「もりもりつちをたべておおきくなってぇ~。」
「さなぎになってぇ~・・・」
解説中の息子さん。もう寝ますよ~(^0^)。
trackbacks(0)


    
シンケンジャーで始まりシンケンジャーに終わる、白藤の花、「裏不如帰」の味玉そば(煮干し)、ユニクロ新宿西口店明日オープン
2009.4.23(木) 晴れ時々曇り 最高気温22℃ 最低気温14℃
4.jpg
シンケンジャーのパジャマにシンケンジャーの剣でおはようございます(^0^)。
めちゃくちゃシンケンジャー好きの子供にしか見えません・・・(^^:)。
さぁっ早くお着替えして行きますよ!
今日も初夏のような青空です。
でも、空気が冷たく肌寒い一日でした・・・。
通りがかりの
1.jpg
藤です(^0^)。
2.jpg
白はなかなか珍しいですね。
3.jpg
たくさんのクマバチが密を吸いに来てましたよ(^0^)。
ちょっとドタバタの午前中でしたが無事に終えました。
ランチは、「裏不如帰」さんへ。そばはうす不如帰は木曜だけ裏になりスープが
一変、煮干しそばになります。
5.jpg
味玉煮干しそばです(^0^)。
化学調味料を使わずスープを安定させるのは本当に大変なこと。
しかも週一で安定させることなど至難の業です。煮干しは難しいのです・・・。
そんなことにあえて挑戦する店主はすごいと思います。
そんな店主さん。今週は一人でお店をきりもり・・・。
今日は助っ人が来てはおりましたが教えながら調理するのも大変なことです・・・。
くれぐれも体を壊さないようになさって下さいね。
「裏不如帰(うらほととぎす)」 味玉そば(煮干し)850円+味玉100円
東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12
03-3373-4508
木曜日11:30~15:00のみの営業
幡ヶ谷駅下車6号通り商店街を3分の2位進み右側にGARDEN ROKUGOという
小さなスーパーを見ながら左側の細~い路地を探すと発見できます。
(角は小さな乾物屋さん。)
6.jpg
モッコウバラ屋敷(sayangが勝手に言っております。)のバラは8分咲きです。
来週辺りが満開ですね(^0^)。また来ます。
15.jpg
明日オープンのユニクロ新宿西口店を早速チェックです。
7.jpg
場所は小田急百貨店のお隣。家電量販店の「さくらや」跡です。
8.jpg
地下1F~地上4Fのまさにメガストア!
9.jpg
店の前には足を止める人で溢れます。
10.jpg
中ではレセプションが行われておりましたよ(^0^)。
16.jpg
ユニクロの勢いが止まりませんね。
ちなみにユニクロは、「ユニーク クロージング ウエアハウス」の略。
ロゴ製作時にUNICLOをUNIQLOに間違えたのを社長が気に入り採用されました(^0^)。

17.jpg
いただいたモンブラン(^0^)。どこのかは分かりませんがなかなかでしたよ(^0^)。
お仕事終了後、息子のお迎えへ。帰りにスーパーで買った
18.jpg
シンケンジャーソーセージを満足げにいただく息子さん。
どんなシンケンジャー好きなんだ!って、本当は、ま~ま~好きレベルです(^0^)。
trackbacks(0)


    
「世田谷区立 桜丘すみれば自然庭園」、「勢得」のつけ麺+味玉、戦いごっこハプニング
2009.4.22(水) 晴れのち曇り 最高気温24℃ 最低気温17℃

日向は暖かかったですが、日陰は意外にも涼しかったですね。
夕方少し曇ってからはグンッと気温が下がりました。
風邪をひかれる方が増えてきているそうなので、皆様ご注意を。
今日はsayangのとっておきをご紹介(^0^)。
1.jpg
「世田谷区立 桜丘すみれば自然庭園」です。
武蔵野の風景の面影を残した庭園は、生き物の憩いの場。
2.jpg
草木をはじめ色々な昆虫を観察することができます。
人と生き物の共生。考えさせられるテーマであり我々がホッとできる場所。
それがこの桜丘すみれば自然庭園なのです。
3.jpg
ロープで囲まれたこの場所は・・・?
4.jpg
なるほど(^0^)。
こっちは?
5.jpg
なるほど(^0^)。
この手作り感がたまりませんね。
広くはありませんがこのこじんまり感がちょうど良いのです。
池の中に映る青い空・・・はぁ・・・癒される~・・・ん?
6.jpg
動いている!しかも多量に!!
ぎゃぎゃぎゃ!!うぎゃぎゃ~!!
7.jpg
はいっアズマヒキガエルのおたまじゃくしです。
お嫌いな方失礼致します(^^:)。
これ以上寄りにすると本当に卒倒される方が出そうですので引きの写真で(^0^)。
sayangは平気ですし好きな方ですが・・・ちょっとひるみました・・・。
本当に尋常ではないすごさでした!池が真っ黒ですもの・・・(^^:)。
ネイチャーセンターに声をかけて草むしりにも参加できます。(キーパーに参加)
8.jpg
そんな皆さんの努力でこの自然庭園は維持されているのですね。
都会のオアシスいかがでしょうか?
9.jpg
「世田谷区立 桜丘すみれば自然庭園」
東京都世田谷区桜丘4-23-12
 4-9月 9:00~17:00
10-3月 9:00~16:00
※小田急線千歳船橋駅徒歩10分(環八沿いを世田谷通り方向へ向かい左手)
 小田急線千歳船橋駅より東急バス(田園調布行き)砧町東下車徒歩5分
 (下車後、環八沿いを千歳船橋駅方面へ5分戻ります。)

仕事が一段落し、どこでランチしようかなぁと思っておりましたら、
通りがかった「勢得」さんが空いている!(いつもは激混み。)
よし、ここに致しましょう!!
10.jpg
つけめん+味玉です(^0^)。ここは、なんと言ってもとろみある濃厚スープが魅力。
では、いただきます!おっ!おぉっ!!進化している!!!
海老の風味を通り越し、海老つけめんと言っても良いほどです。
びっくり致しました!というのは、町屋から今の場所へ引越してきた時は、
ただ濃厚なだけで味気も風味もなく・・・それが魚介出汁が強まり・・・
海老油が投入され風味が付き・・・今日は、完全な海老味に!!
スープにも海老の出汁がしっかりと出ていて濃厚な海老油がさらに海老感をいや、
海老味を高めている。極太の麺も氷水でしっかり〆られ最高の食べ応え。
スープ割りすると顆粒の鰹出汁?を入れてからスープを足していただけます。
鰹風味に早変わりし、さっぱりとした感じ。
明らかに・・・うまい!!
「勢得(せいとく)」 つけ麺850円+味玉100円
東京都世田谷区桜丘3-24-4
11:00~15:00
月休
※東京農業大学正門前の世田谷通りを環状8号線方面へ向かいすぐ。世田谷通り沿いです。

無事に仕事が終わり帰宅すると夕食を終えた息子さんが「たたかいごっこしよっか~。」
sayangは着替えの途中で上半身裸。そしたら息子も上着を脱ぎだし・・・。
15.jpg
「うりゃ~。」と言っても息子は気が弱いので押したり引いたり
ちょっとだけパンチしたりのレベル(^^:)。
「うりゃ~。」
息子を逆さ吊りにしましたらポケットから
16.jpg
ザラザラ~と砂が!「あ~っ・・・」と、同時に実がボトボト~。
なっなんじゃこりゃ~!
慌ててかき集める息子さん・・・何の実なのか分かりませんが大事な物のようです(^0^)。
って・・・掃除機掃除機(^^:)。
そんなドタバタをよそに、sayangの
17.jpg
ウイダーインゼリーをいただく息子さん・・・。
さらにパワーアップ?・・・(^^:)。
trackbacks(0)


    
木の実パン、「そばはうす 不如帰」のつけそば(醤油)+味玉、「ノゲシ」「ハルジオン」「長実雛罌粟」、これがあれば一人で寝れる!
2009.4.21(火) くもり一時小雨夜雨 最高気温20℃ 最低気温16℃
1.jpg
休む前にパン焼き機に砕いたナッツ類をセット。朝が楽しみです。
で、
2.jpg
おはようございます(^0^)。焼きたて最高(^0^)。
しっかりいただいてお仕事しゅっぱ~つ!!
3.jpg
今にも泣き出しそうな空です・・・。
4.jpg
今日は、寒くないですが時折、風に飛ばされたかのような小雨が降ります。
でも、カッパを着るまでもなく午前の部終了。
麺ランチは、幡ヶ谷の「そばはうす不如帰」さんへ(^0^)。
5.jpg
つけそば(醤油)+味玉をいただきます(^0^)。
以前よりハマグリ感がしっかりしましたね。ここからが難しい所だと思います。
醤油を上げると塩気が強くなるのとハマグリが消えてしまいますし・・・。
口が慣れるとすぐにハマグリ感がなくなってしまいます。
さすがのバランスなのですが、ラーメンがうま過ぎますので・・・
つけ麺にも欲が(^0^)。
店主さんがんば!!そして今日も一人でしたが体調を壊さないように!!
「そばはうす 不如帰(ほととぎす)」 
東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12
03-3373-4508
11:30~15:00・18:00~21:30
木曜は、裏不如帰で、煮干そば(営業時間11:30~15:00のみ)
金曜休み
幡ヶ谷駅下車6号通り商店街を3分2位進みGADEN ROKUGOという
小さなスーパーを右手に見ながら左側の細~い路地を探すと発見できます。
(角は小さな乾物屋さん。)

道中、おぉっ!
6.jpg
大きな「ノゲシ」です!!1m位になるのですが、こちらのノゲシはsayangと
同じ170cm位ありました(^0^)。
7.jpg
すごい!
続いては空き地や道路脇で良く見かける
19.jpg
「ハルジオン」です。
8.jpg
蕾のうちは下向き、咲いたら花が上を向く、葉の根元が茎を抱いているなどで、
似ているヒメジオンと区別がつきます。
おなじみの
9.jpg
「長実雛罌粟(ながみひなげし)」です。(ポピー、ヒナゲシとも呼ばれます。)
10.jpg
こちらも同様この時期、道路脇や空き地で繁殖しております。

TVのCMを見て、このお寝巻きさえあれば一人で寝んねできると息子さん。
絶対に嫌だったのですが・・・一人で寝られるようになるんだったらと・・・。
14.jpg
侍戦隊 シンケンジャーの寝巻きです。
早速着替えさせると、「ひとりでねんねする!」と、
15.jpg
一人で上へ上がり横になりました。
胸のプリントを、
17.jpg
何度も眺めます(^^:)。
「ひとりでねるからおとうさんしたにおりて。」
『じゃっおやすみ』
ー電気を消します。ー
18.jpg
・・・5分位で降りてきました。あれ??
「やっぱりひとりじゃねれなかった~。」
エェッ!!・・・(^^:)。

うれしくて、
16.jpg
鼻の下が伸びきってしまっている息子さん(^0^)。
まだまだ一人で寝られません・・・。
trackbacks(0)


    
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196
SAYNAGのブログ



SAYANGのinstagram
@sayang_design

SAYANGの超日常的ブログ
A PIECE OF SAYANG
category
  • diary (506)
  • son (240)
  • noodle (169)
  • exhibition (162)
  • sweets (159)
  • food (75)
  • tsukemen (68)
  • event (60)
  • nature (56)
  • plants (48)
  • society (27)
  • reception (26)
  • museum (26)
  • shop (23)
  • fashion (22)
  • interior (22)
  • SAYANGSNAP (18)
  • aquarium (13)
  • Minerals (8)
  • goods (8)
  • kids (6)
  • sports (5)
  • drink (4)
  • bread (3)
  • trip (2)
  • business (2)
  • curry (2)
  • party (1)
  • Live (1)
  • antique (1)
  • workshop (1)